ネガティブな言葉の影響とは?6つの悪影響と変えるための改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出す方法(脱却)をお伝えする石黒です^^

あなたは普段、ネガティブな言葉を使うことはありますか?

また、その影響を考えることはありますか?

ネガティブな言葉の影響はあなたが思っている以上に大きく、あなたが望まないことが伝染したり、連鎖したりしてしまうものです!

今日はネガティブな言葉が与える影響と、無理なくできる改善方法をお伝えします♪

ネガティブな言葉の影響(6つの悪影響)

言葉を発するのはわずか一瞬ですが、良くも悪くも様々な影響を与えるものです!

そして、この言葉はあなたが誰かから言われることよりも、自分が発する言葉の方が影響力がより強いものですので、自分が普段使う言葉や口癖はとても重要なんです。

ネガティブな言葉が与える影響を今日は6つお伝えします!

1.表情や雰囲気

普段自分が発している言葉というものは、表情や雰囲気に表れます!

ネガティブな言葉を使っている時、自分がどんな表情か、どんな雰囲気なのかということを意識することはほとんどないという方のほうが多いかもしれません。

ですが、ネガティブな言葉を使っている人(相手)の表情や雰囲気というのは、あなたも察知しているはずです。

ネガティブな言葉を使っている(使い続けている)と、

<表情>

  • 眉間にしわが寄る
  • 目つきが厳しくなる
  • 口角が下がる
  • 老ける
  • 表情筋が衰える

<雰囲気>

  • 不機嫌そう
  • 不幸そう
  • 冷たい
  • 辛い
  • 苦しい
  • 怖い
  • 近寄りがたい
  • 話しかけづらい

といったように表れます。

一部だけお伝えしましたが、このような表情や雰囲気というものは決していい印象は持たれないですし、まわりの人にもいい影響を与えません!

何気なく普段使っている言葉は、表情や雰囲気に表れるということを覚えておきましょう!

2.思考

ネガティブな言葉を使う、またはネガティブな言葉をまわりから言われる(聞く)ことで思考が停止します!

『ネガティブな言葉 = 思考停止スイッチ発動』です!

どんなものかというと例えば、

  • 理解力
  • 学習能力
  • アイデアを考える力
  • 未来を予測(イメージする)力

等々です!

学校である先生から色々とネガティブな言葉を言われて、その教科はテストや成績が悪かったことはありませんか?

会議やミーティングの場で、誰かがネガティブな発言をしたり、リーダーがダメ出しや批判をしたりして、その後いいアイデアがみんなから生まれなかった、結論が出ないまま時間だけが過ぎていったといったことはありませんか?

同じような経験、または似たような経験を過去に一度はあった方がほとんどかと思います!

ネガティブな言葉を脳の機能を低下させる、停止させてしまうものです。

3.感情

これもけっこう大きな影響があります!

  • 悲しくなる
  • 不安になる
  • 辛くなる
  • 心配になる
  • 元気がなくなる
  • イライラする
  • 落ち込む

言葉ひとつで感情(気持ち)も大きく変わります!

誰かのひと言によって、落ち込んだりやる気がなくなったりした経験、誰しもあると思います!

そして、あなた自身の言葉で無意識のうちに自分をネガティブな感情にしてしまっている時ってありませんか?

自分で気づいていればいいのですが、自覚がない場合は要注意です!

4.行動

これはネガティブな言葉と合わせて、先ほど挙げた思考や感情からの影響も大きくあります!

ネガティブな言葉を使うことで、

  • 行動する気がなくなる
  • 一歩踏み出せなくなる
  • やりたいことがあるけどやれない
  • 本当はやれるのに動けなくなる
  • パフォーマンスが下がる
  • 本来の力が発揮できなくなる

といったように行動が停止(低下)することもあれば、

  • 望まないことに近づく行動(選択)をしてしまう
  • 幸せから離れる行動(選択)をしてしまう
  • さらにネガティブになる行動(選択)をしてしまう

という場合もあります!

これも自覚がないとどんどんあなたが望んでいることや未来、進みたい方向から離れていく、そして負の連鎖が止まらないとうことが起こります!

5.まわりの人

あなたが誰かの言葉によって影響を受けるように、あなたの何気ない言葉がまわりの人に大きな影響を与えています!!

与える影響は先ほどお伝えした1~4と同じようなことはもちろんのこと、例えばたったひと言であっても、

  • 傷つけてしまう
  • あなたから離れていく
  • 誤解が生まれる
  • 仕事が機能しなくなる
  • 信頼関係が崩れる
  • 関係が修復不能になる

といったようなことが起こってしまいます!

6.運・引き寄せ

運や引き寄せというのは、偶然ではなく必然的なものであり、その要素のひとつが言葉です!(運や引き寄せについては別の機会にまた詳しくお伝えします。)

ネガティブな言葉を使っていると、

  • 運気が下がる
  • チャンスを逃す
  • 望んでいないことが立て続けに起こる
  • 負の連鎖が続く(止まらなくなる)
  • 素敵な出会いがなくなる

例えばそのようなことが起こります!

極端に言ってしまえば、ネガティブな言葉を使うこと(使い続けること)によって、あなたの人生や未来にどんどん悪影響を与えてしまいます!

ネガティブな言葉を改善する方法

それではネガティブな言葉を改善する方法をお伝えします!

1.感情が『快』になる言葉を使う

『快』の言葉というのは、結論を言えばどんな言葉でもOKです^^

その言葉がポジティブかどうかよりも、大切なことはあなたの気持ちが『快』になることです!!

  • 楽しい
  • 嬉しい
  • 喜び
  • 幸せ
  • 安心
  • 感謝
  • やる気
  • 元気

そんな気持ちになれる言葉を意識的に使う、口に出すということをやってみてください♪

感情が『快』になることはとても重要です!

感情はあなたの表情や思考とも大きな結びつきがありますし、また行動やまわりの人に与える影響も変わっていきます!

2.会う人(会話をする人)や頻度を変える

普段どんな人と一緒にいるか、どんな人と会話をしているかによってあなた自身が使う言葉も変わってくるものです!

ネガティブな言葉をやめたい(変えたい)のであれば、

  • ポジティブな言葉を使う人
  • 明るい人
  • 憧れの人
  • 好きな人
  • 理想の人
  • なりたい(ありたい)自分に近い人

といったような人と会う時間や会話をする頻度を増やしていきましょう!

普段からそういう人といる時間や会話をすることが少ない人ほど、最初は違和感を感じるかもしれませんが、最初だけですので安心してください^^

徐々に当たり前になっていきますし、自然と気づかないうちにあなたの使う言葉も変わっていきます♪

まとめ

  • ネガティブな言葉は様々な影響を与えてしまうもの
  • 一瞬の言葉が表情、雰囲気、思考、感情、行動に悪影響を与える
  • ネガティブな言葉は自分に限らず相手へのマイナスになる
  • 運気が下がり、望まないことを引き寄せるようになるので注意!
  • 感情が『快』になる言葉を意識的に使う
  • 会う人(会話をする人)を変えることで自ずと使う言葉も変わる

言葉を変えることで最初にお伝えした6つの影響も変わってきます!

ネガティブな言葉を使うのが習慣になっていたり口癖になっていたりする人ほど、特に最初は意識してやってみてくださいね^^

続けていくことで必ずあなたの使う言葉が変わっていきます!

ネガティブな言葉の影響や改善方法については、下記記事も参考にしてみてくださいね♪

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*