マイナス思考な人への励まし方は難しくない!楽になれる効果的な励まし方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出す方法(脱却)をお伝えする、マイナス思考脱却の専門家、石黒です^^

あなたの職場や友達や家族でマイナス思考やネガティブな方はいらっしゃいますか?

どうにかしたい、励ましたいと思うけどどう関わったらいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

マイナス思考な人への励まし方は難しくありません^^

今日は励ますときに逆効果のことと、楽になれる効果的な励まし方についてお伝えします!

励ます前に大切なこと

悩んでいたり落ち込んでいたりしてマイナス思考やネガティブになっている人を励まそうとする前に、大切なことをお伝えします!

最後までしっかりと話を聞く

まずはとことん相手の話を聞きましょう^^!

  • 心配
  • 不安
  • 失敗
  • 妄想
  • 嫌悪感
  • 責任感
  • 劣等感
  • 罪悪感
  • 恐怖
  • 悲しみ

マイナス思考になってしまう、なる要因は様々ですが、まずは何があったのか、どう感じているのかを最後まで聞きましょう。

あなたも経験があると思いますが、じっくりとただただ話を聞いてもらえただけでスッキリしたり、気持ちが整理されたりした経験があるはずです。

話すこと = 放すこと

心の中にあるもの、頭の中にあるものを話すことで放すことができます!

あなたが思っていることや伝えたいこと、かけたい言葉が出そうになっても一旦脇に置いて、相手の気持ちに寄り添って最後まで話を聞きましょう^^

しっかりと最後まで自分の話を聞いてくれる人って意外と少ないからこそ、まずは相手に起こっていることや感じていること、考えていることをじっくり聞いてあげてください。

励ますときに逆効果なこと

マイナス思考な人を励ま時に、相手の為を思ってやったこと、言ったことが逆効果になってしまうこともあります!

いくつか逆効果になりやすいことをご紹介します!

1.否定する(態度・表情・言葉)

  • 「いや・・・。」
  • 「そうじゃなくて・・・・。」
  • 「だからダメなんだって。」
  • 「それは違う!」
  • 「そんな考え方は良くない!」
  • 「その性格を直した方がいい。」

そんな否定的な言葉を投げかけてしまうことはありませんか?

もしくは言葉にして出さなくても、心の中で思うことはありませんか?

あなたが口に出さなくても相手のことを否定的に思っていると、それは表情や雰囲気に表れて相手に伝わってしまうものです!

そもそもマイナス思考やネガティブな時に関わらず、否定されるといい気持ちにはならないし、決して効果のあるものではありません。

それがわかっていたとしても、つい心の中で思ってしまっているとしたら注意です!

2.すぐにアドバイスをする

あなたが経験したことだったり、知識があったりすることであればあるほど、相手に教えたくなったりアドバイスしたくなったりするかもしれません。

もしくは会社等での立場やポジションや、相手のことを思う気持ちがそうさせてしまう場合もあるかもしれません。

ですが!基本的にすぐにアドバイスをすることは逆効果です!

  • 「〇〇した方がいい。」
  • 「〇〇したらどう?」
  • 「〇〇すればいいのに!」
  • 「そういう時は・・・。」

言いたくなる気持ちをまずは一旦抑えましょう!

すぐにアドバイスをされると、

  • 話を聞いてもらえていない
  • 認めてもらえていない
  • 受け入れてもらえていない
  • 気持ちをわかってもらえていない
  • 存在を否定されている

といったように思ったり、潜在意識でそのように感じたりするものです。

相手は余計にマイナス思考やネガティブな気持ちが大きくなったり、あなたへの不信感や不満となって関係性が崩れてしまったりすることも考えれれます!

励ましてくれる人がいなかった孤独な過去

プロフィールにも書いていますが、社会人4年目の頃は心も体もボロボロでした。

励ましてくれる人が1人でもその職場にいたら、どれだけ救われたんだろうと思います♪

当時は悩みを相談したり、マイナス思考に陥ったりしていても、励ましてくれるのではなく、「それだからダメなんだよ。」といった感じに、まず否定されました(笑)。

また最後まで話を聞いてくれるというよりも、すぐにアドバイスされ、それが自分の為を思っているというよりも、その人や会社の考え方を押し付けているだけのようにしか思えませんでした。

やっぱり自分のことをどれだけ真剣に思ってくれているのかというのは、言葉や姿勢から伝わってくるものです。

当時はそのように感じることがなかった(できなかった)ので、その職場の人への信頼感はなく、完全に心を閉ざしてしまい、すごく孤独感を感じていたのを覚えています!

今振り返ってみると、その時感じた気持ちや体験が後々に活かされているので、今では貴重な体験をさせていただいたのだと感謝しています^^

マイナス思考な人への効果的な励まし方

それではマイナス思考な人、ネガティブになっている人の励まし方のポイントをお伝えします!

1.共感する

共感されると誰しも嬉しくなりますし、安心できたり、自信を取り戻したりすることに繋がっていきます^^

共感するというのは、ただただ「わかる。」と言えばいいものではありません。

大切なことは、『どんな言葉を伝えるか?』よりも『どんな姿勢で関わるか?』です!

「わかる。わかる。」と言葉で言っていても、気持ちが入っていなかったり、うわの空だったりすれば、「本当にわかってるの?」「口だけで全然理解してないでしょ!」と思われて、あなたとの関係性が悪化することも十分にあります!

相手の気持ち、立場、視点になってみて、

  • どんな気持ちなんだろう?
  • 何を考えているんだろう?
  • どう見ている(捉えている)んだろう?

とわかろうとする、理解しようとする姿勢が大切です!

相手の世界観に興味、関心を持って話を親身になって聞きましょう^^

そのようにして話を聞いていて、あなた自身が感じたこと(共感できたこと)は、

  • 「大変だよね。」
  • 「嫌だよね。」
  • 「辛いよね。」
  • 「そういう風に考えちゃうよね。」
  • 「そんな気持ちになるよね。」

と言葉で伝えましょう!

相手の気持ち、立場、視点になって親身に話を聞いていると、かけたい言葉は自然と出てきます!

それをしっかりと相手に伝えてあげましょう^^

聞く時は、「うん、うん。」とか、「そうだよね。」「そうだったんだ。」とか、「なるほど~。」「確かに。」といった相槌も大切ですよ♪

2.別の側面に着目する(見方を変える)

夜や雨の日というのは太陽が見えないものですが、太陽がないのではなく、今は見えないだけです。

見えていなくても、雲の上や地球の反対側にずっと存在していますよね♪

相手がマイナス思考やネガティブになっていたとしても、それは一部の側面にしか過ぎないのです。

夜や雨の日の太陽のように今はただ見えていないだけで、相手の人にも素晴らしい点や過去できたこと(やれたこと)というのは必ずあります!

だからこそその側面(部分)に着目して、伝えてあげましょう!

相手の内面、外見、過去やってきたこと(できたこと)、プロセス、あなたが受けたいい影響を相手に伝えてみてください♪

自分自身の素晴らしい点やできたこと(やれたこと)を見ることができると、モチベーションが上がったり自信を取り戻したりするものです^^

3.味方でいることを伝える

マイナス思考やネガティブになって悩んでいる時や落ち込んでいる時、不安や心配になっている時は、無意識に孤独感を感じているものです。

「私はいつでものあなたの味方です。」

という言葉をストレートに伝えなくても、その気持ちを別の言葉で伝えましょう!

  • 「ひとりで悩まないでね!」
  • 「いつでも話聞くよ!」
  • 「一緒に考えよう!」
  • 「一緒に頑張ろう!」

言われると元気が出てとても励まされますし、前に進んでいく勇気や原動力にもなります^^

【番外編】マイナス思考な人への励まし方

ここでは直接相手に何かを伝えて励ますのではなく、相手の思考や気持ちが変わりやすくなる、切り替わる方法をご紹介します♪

1.美味しいものを食べる

美味しいものを食べると、誰しも幸せな気分になったり、気持ちが満たされたりしますよね♪

ランチでもスイーツでも夜ご飯でもいいので、美味しいものを一緒に食べに行ってみてください!

これはあなたがおススメのお店でもいいし、相手が好きなお店や行ってみたいと思っているお店でもOKです^^

単純に思えるかもしれませんが、かなり効果があります!!

2.場所を変える

同じ場所にいると、思考や気持ちが固まりやすいものです!

先ほどをお伝えしたように外にご飯を食べに行くでもいいし、仕事中であれば社内の別のフロアに行ったり、一旦席を離れて少しだけ外に出たりするのでもOK!

相手の状態(思考や気持ち)を変えたい時は、場所を変えるだけで切り替わりやすくなります!

まとめ

  • 励ます前にまずは相手の話をしっかりと聞くことが重要
  • 否定する、すぐにアドバイスすることは逆効果なので注意!
  • 共感する時は言葉以上に姿勢や気持ちが大切
  • 相手の素晴らしい点を言葉で伝えてあげることも効果的♪
  • 味方でいることが伝わることで、勇気や前に進む原動力になる
  • 美味しいものを食べる、場所を変えることで気持ちも変わりやすくなる

逆効果のことや励まし方をお伝えしましたが、すべてに共通しているのはどんな言葉を伝えるかよりも、あなたが相手を思う気持ちや関わる姿勢が何倍も大切です♪

今日お伝えしたこと以外にも、『励ますためには何ができるだろう?』と考えて、まずは実際にやってみることです!

あなたの気持ちや姿勢というのは必ず相手に伝わります^^

ぜひマイナス思考やネガティブになっている身近な人で実践してみてくださいね♪

また、ネガティブな人への関わり方や言葉の影響については、下記記事も参考にどうぞ!

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*