ネガティブな人への褒め方5つのコツと褒める時の3つの注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!マイナス思考脱却の専門家、石黒です^^

あなたは普段、まわりの人や自分を褒めていますか?

褒め方によってネガティブな人の性格や考え方を改善することもできるし、褒めることによってあなた自身のネガティブを改善することにもつながります!

とは言え、男女や相手との関係性、相手の状態にもよりますが、褒めたことが逆効果になることも!

今日は誰でもすぐに活用できるネガティブな人への褒め方5つのコツと、3つの注意点をお伝えしていきます!

褒めることの効果とは?

ネガティブな人へはもちろんですが、家庭、職場、学校等々、ネガティブな人に限らず褒めることは、

  • やる気が上がる!
  • ポジティブな思考、気持ちになる!
  • 挑戦意欲が高まる!
  • 自信になる!
  • 勇気が出る!
  • 自己肯定感が高まる!
  • 自己効力感が高まる!
  • 脳が活性化する!
  • 仕事(学習)の質が向上する!
  • 場の雰囲気が良くなる!
  • 幸福度が高まる!
  • 笑顔が増える!
  • 前向きになれる!

等々、まだまだたくさんの効果があります^^

そして何より褒めることによって、相手との関係性が良くなるんですよね~♪

褒めると自分に起こることとは?

人間の脳は主語を認識することができません!

ですので、相手に投げかけた言葉は自分のこととして脳は認識しているため、

人を褒める = 自分を褒める

ということになるので、褒めることによって先ほど紹介した効果は自分にも起こります!

だからこそ、ネガティブな人やマイナス思考な自分を変えたい人はまわりの人をどんどん褒めてみましょう!

褒めることで性格や考え方だけではなく、表情や雰囲気も変わっていきます♪

こんな風に褒めることは相手だけではなく自分にも効果がありますので、家庭でも学校でも職場でも褒めることは好循環が生まれます!

ネガティブな私が褒められ続けた結果・・・

プロフィールにも書いていますが、私は小さい頃からネガティブだったし、社会人4年目の頃はハードマネジメントの上司ばかりの職場で人生のどん底でした。

しかし5年目の時に異動し、すごく私を褒めてくれる上司に出会いました!

  • 「石黒さん、頑張っているよね~♪」
  • 「いつもありがとう!」
  • 「よく気づいて細かく準備してくれるから助かるよ!」
  • 「石黒さんの笑顔は本当に元気もらえるよね♪」

といったように1日何回も褒めてくれる上司でした!

おかげで私はどん底から抜け出すことができたし、「その上司のようになりたい!」、「上司のようにまわりの人にもっともっといい影響を与える人間になりたい!」と思うようになり、ネガティブな性格は自然と変わっていきました^^

あの時の上司との出会いによって、私のその後の人生が大きく変わりました!

言葉は一瞬であっても、ずっと心に残ります^^

ネガティブな人への褒め方5つのコツ

それでは誰でもすぐにできる、ネガティブな人への褒め方で大切な5つのコツをお伝えします!

もちろん相手がネガティブでなくてもOKですので、ぜひ日常から活用してみてください♪

1.具体的に褒める

単純な言葉よりも、当然褒める言葉が具体的であればあるほど効果的です!

  • 「かっこいい!」
  • 「仕事をしている時の真剣な表情がかっこいい!」
  • 「ネクタイ似合ってる!」
  • 「そのネクタイ、今日のスーツにも合っているし柄も素敵で〇〇さんに似合ってる!」
  • 「頑張ってるね!」
  • 「早くからコツコツと準備して頑張ってるね!」
  • 「素晴らしい!」
  • 「みんながやらないようなことを誰よりも率先してやっていて素晴らしい!」

こうやって読んでみてもわかりますが、実際に言葉で言われる場合も具体的なほど相手の心に響きますし、気持ちも前向きになります!

そして、「ちゃんと見てくれている(認めてもらえている)!」という気持ちになり、言ったあなたへの信頼感も高まるので関係性もグッと良くなるという効果も!

ぜひ褒める時は、なるべく具体的に伝えてみましょう♪

2.間接的に褒める(第三者を活用)

直接褒めるよりも間接的に褒められた方が、よりやる気(意欲)が出ることもあります!

例えば、「そう言えば、上司の△△さんと話していた時に、〇〇の仕事に対する姿勢をすごく褒めてたよ!」と言われると、直接上司に言われるよりも喜びが大きくなる人も多いはず!

そして、このように褒めることによって相手と上司(第三者)の関係も良くなるし、それを伝えたあなたにも好印象!

直接褒めるのが苦手な人ほど、これなら言いやすいですよね♪

ぜひこれも具体的に伝えてみてください^^

3.プロセスにフォーカスする

成功したことや成果が出た時、良い結果が出た時は誰でも褒めやすいですが、結果よりもプロセスにフォーカスすることが重要です!

例えば失敗した時や悪い結果の時、何か頑張った(やった)のに結果が出ない時等、ネガティブな人ほどどんどん気持ちが下がりますし、意欲や自信がなくなります。

だからこそプロセスにフォーカスして、その素晴らしいところを褒めましょう!

  • よかったところ
  • 素晴らしいところ
  • 工夫したところ
  • エネルギーを注いだところ
  • 考え方
  • 姿勢
  • 行動

等々、探せばたくさん見つかるはず^^!

褒めるのはそのプロセスの途中でもいいし、後々結果が出なかった時に落ち込んでいる時等でもOK!

特にネガティブな人は、結果に限らずプロセスでもマイナスなところにフォーカスしやすいので、プロセスを褒めることはかなり効果的!

4.受けたいい影響を伝える

相手を褒めることはひとつの『評価』であるため、言われた人の受け取り方やタイミングによっては、せっかく褒めてもマイナスにはたらくこともあります。

そんな人(時)ほど、自分が相手から受けたいい影響を伝えることは効果抜群!

例えば、

  • 「〇〇さんが頑張っているのを見て、もっと自分も頑張ろうって気持ちになったよ!」
  • 「〇〇さんが誰より率先してやっている姿に勇気づけられたよ!」
  • 「〇〇さんの言葉を聞いて、まだまだ頑張れるエネルギーになったよ!」
  • 「〇〇さんが最後まで諦めないでやっているのを見て、すごく感動したよ!」

といったように、自分が受けたいい影響をそのまま言葉にして伝えましょう!

伝えられた相手にしてみると、自分の行動(言葉)が相手にいい影響を与えることができたという喜びや貢献感を感じますし、気持ちも前向きになります^^

これはどんな場面でも、相手がどんな状況でも活用できる褒め方ですので、ぜひやってみてください♪

5.相手の立場で考える

  • いつ?
  • どんなタイミングで?
  • 2人の時?まわりに人がいる時?
  • どんな表情で?
  • どんな言葉で?
  • 伝えたらどんな気持ちになる(どう受け取る)?

といったことを考えて褒めることがとても大切です!

もちろん相手との関係性ができていたり、相手のことをよく理解していたりすればいつも考える必要はありません。

ですがネガティブな人、何かがきっかけでネガティブになっている時ほど自分目線ではなく、受け取る相手の立場で考えることが重要です!

だからこそ『ほんのひと手間』、先ほど挙げたようなことを相手の立場で考えてみましょう!

ネガティブな人を褒める時の注意点

5つの褒め方のコツをお伝えしましたが、せっかく褒めても逆効果になったり、相手との関係に悪影響が出たりすることもありますよね。

簡単に相手を褒める時の注意点をお伝えします!

1.無理して褒める

何とか褒めよう、褒めなければと思いながら、まったく感じていないことや、苦し紛れに無理して褒めることは完全に逆効果!

また、表面的(口だけ)や言葉や嘘、過剰に褒めることも同じく相手に悪影響が生まれます!

そのように褒めることで「何か裏や意図があるのでは?」等とあれこれ考えてしまい、ネガティブが余計に大きくなることも考えられますので、注意してくださいね。

2.他人と比較する

「△△さんは全然できなかったのに、〇〇さんはやればできるんだね!」

といったように、他人と比較して褒めることはありませんか?

比較することで際立たせることができ、褒めやすいようにも思われますが危険です!

他人を引き合いに出して(マイナスな部分と比べて)褒めると、「別の人には自分のことも名前を出して悪く言われるのでは?」等とネガティブに受け取ったり「いつそんな風に言われるんだろう?」等と後々ネガティブに考え過ぎてしまうことも。

もちろんそんな風に褒める人には、いい印象は持ちません。

3.結果にだけフォーカス

  • 成果やいい結果が出た ⇒ 褒める!
  • 成果や結果が出ない(悪い結果) ⇒ 褒めない(否定や無反応)

これだと完全に逆効果ですし、ネガティブな人、ネガティブになりやすい人ほど、成果や結果が出せない時、

  • 認めてもらえない
  • 自分を責める
  • 自分はダメだと追い込む
  • 自信を失う
  • やる気や意欲がなくなる

といったように捉えてしまい、どんどん負の連鎖にハマってしまいます!

もちろんこれはネガティブな相手に限ったことではないので、結果だけにフォーカスして褒めるのは注意しましょう!

まとめ

  • 褒めることは自分にも相手にもメリットがたくさんある♪
  • 褒める時は単純な言葉ではなく具体的に!
  • 間接的に褒める、プロセスを褒めることも効果的♪
  • 相手の行動(言葉)でによって自分が受けたいい影響を言葉で伝える!
  • 相手の立場で考える『ひと手間』は褒める時も大切!
  • 無理して褒める、他人との比較や結果だけ褒めることは逆効果!

冒頭にもお伝えしましたが、褒めることは自分自身のネガティブの改善にも効果抜群!

ぜひぜひ今日ご紹介した方法を日常で活用してみてくださいね^^!

『励まし方』については下記記事を参考にどうぞ♪

褒めることもちょっとしたひと言が相手や自分をどんどん変えていきますし、関係性も変わっていきます^^

ぜひ実際にやってみましょう!

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*