ネガティブな性格の根本原因とは?性格を変えるために誰でもできる4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出す方法(脱却)をお伝えする、マイナス思考脱却の専門家、石黒です^^

あなたは自分のことをネガティブな性格だと思いますか?

また、ネガティブな性格や一面があるとしたら、その自分を変えたいと思うのはどんな時ですか?

世の中には性格を変えるのは難しい、なかなか変えられないという方も中にはいらっしゃいますが、そんなことはありません^^

今日はネガティブな性格の根本原因と、性格を変えるために誰でもできる対処法をお伝えします!

ネガティブな性格の根本原因とは?

ネガティブな性格の原因として考えられることはいくつかありますが、今日はその中でも厳選してお伝えします!

1.思い込み

意外と自覚がない方も多くいらっしゃるのですが、『思い込み』が大きな影響を与えている場合があります!

人は誰しも、大なり小なりネガティブな一面(側面)というものはあります。

1-1.自分きっかけで作り出す影響

ネガティブな性格の部分を気にすればするほど、意識すればするほどそこばかりに目がつきやすいものです!

そうなるとネガティブな部分がほんの一部でしかないにも関わらず、そこばかりに目がいくとネガティブな部分しか見えなくなってしまいやすくなります。

その頻度や時間の経過が長ければ長いほど、「私はネガティブな性格だ!」という信念が揺るぎないものになり、ネガティブな性格であることが間違いないと思うようになってしまいます。

1-2.まわりの人の影響

  • 「〇〇さんは、どちらかというとネガティブだよね。」
  • 「いつも落ち込んでいるよね。」
  • 「そんなに落ち込まなくてもいいのに。」
  • 「何でそんなに不安なの?」
  • 「けっこう引きずるタイプだよね。」
  • 「イライラすること多いよね。」

例えばそのようなことをまわりから言われた経験はありませんか?

もしくは今でも忘れられない言葉がずっと残っている方もいらっしゃるかもしれません。

言った相手は、

  • あなたの一面だけしか見ていないで言った言葉
  • 特に何も考えないで言った言葉
  • 悪気がなくて言った言葉
  • つい抑えられずに出てしまった言葉

といったような場合も多くあると思いますが、その時があまりにも衝撃的だったり、相手との関係性が影響していたりすると、その印象が強く残るものです。

そうすると、ほんの一面だったり一時のことだったりでしかなかったにも関わらず、そこにフォーカスが強くなってしまうと、「私はネガティブな性格だ!」という思い込みが強くなってしまうものです!

2.両親(家族)の影響

6歳まである程度性格が形成されるということを聞いたことがある方もいらっしゃると思います!

正確な年齢は定かではなくても、性格というのはやはり両親の影響が一番受けやすいものであり、特に6歳ぐらいまでの間は一番一緒にいる時間が多いのは両親ですよね。

これはあなたが望む、望まないに関わらず特に小さい頃であれば無意識のうちに影響を受けてしまうものです!

あなたのお父さんやお母さんの、

  • 性格
  • 使っていた言葉
  • 行動

といったものに無意識に影響を受けて、あなたの今の根本的な性格が形成されていることもひとつの要因として十分に考えられます!

3.責任感、真面目さからの影響

あなたは責任感が強いという自覚があったり、まわりから言われたりしたことはありませんでしたか?

または自分で真面目と思っていたり、まわりから言われたりしたことはありませんでしたか?

責任感が強かったり、真面目だったりすることがネガティブな性格の元になっていることもあります。

例えば、

<小さい頃>

  • 「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから、もっと〇〇しないとダメ。」
  • 「男(女)の子なんだから、〇〇じゃなければいけない。」
  • 「お前は将来、〇〇にならないといけない。」
  • 「テストで〇点以下なんて許さない。」
  • 「遊んでばかりいては、〇〇になれない。」

<学生の頃>

  • 「絶対に合格しろ!」
  • 「学校内での成績は〇〇以内に入れ!」
  • 「必ず優勝しろ!」
  • 「こんな相手に負けるなよ!」
  • 「目標は〇〇!達成できなければ△△だからな!」

<職場でのこと>

  • 「売上〇〇円は絶対に必達しろよ。」
  • 「〇〇の仕事の成果は良くも悪くもお前の影響だからな。」
  • 「このプロジェクトの成功するかどうかはお前次第だ。」
  • 「売上が下がっているのはお前が原因だ!」
  • 「次の商談はお前にかかっている。」
  • 「この案件を獲得できるかどうかはお前のプレゼン次第だ。」

といったように、両親や先生、先輩や上司、職場に人から言われたことがあるかと思います。

そんな時に、

  • 「できなかったらどうしよう。」
  • 「うまくいかなかったらどうしよう。」
  • 「絶対に〇〇しなければならない。」

と思ったり、望んだ成果が出なかったり期待に応えられなかったりした時に、

  • 「やっぱり自分はダメだ。」
  • 「全部自分のせいだ。」
  • 「どうしてダメだったんだろう。」
  • 「何が悪かったんだろう。」
  • 「もう取り返しがつかない。」

等と思ったりしたことはありませんか?

責任感が強かったり真面目だったりする人ほど、そのような傾向が強くあります!

紹介したのは一例ですが、こういった要因がたくさん積み重なったり、1~2回のことであってもその衝撃が強かったりすると、ネガティブな性格が強くなるものです!

少し過去を思い出してみて、そう思える出来事や体験はありませんでしたか?

出会う人、出会う言葉の影響力(体験談)

少しだけ私の過去のお話をお伝えします。

プロフィールに書いていますが、小さい頃から長い間私はひどくネガティブでした!

社会人になってから、前向きな人や尊敬できる人、性格が昔に比べて変わった人等が職場に何人もいて、話を聞くとみんな本が大好きで読んでいたんですね^^♪

それまで本を読むことはほとんどなかったのですが、紹介されたり自分で探したりして、入社して2~3年目に本をたくさん読むようになっていました!

本の影響もあって少しずつ、自分の性格や物事の捉え方の変化を感じることがあり、成長している実感を持つことができて、「よしっ、これからだ!」って意気込んでいました^^

ですが・・・入社して4年目に異動した先の上司の言葉によって、変わり始めていた、もっと変わろうとしていた自分が、また前の自分に呆気なく戻ってしまいました。

  • 「人の性格は簡単に変わらない!」
  • 「表面だけ取り繕っていてもダメ!」
  • 「お前は絶対変わらない!」

今振り返ってみても、当時の上司からは容赦ない言葉を浴びせられていましたね(笑)。

そのような言葉を複数の上司から度々言われたもので、また元のネガティブな自分・・・以前にも増してその職場ではネガティブになってしまっていました。

これは入社4年目の頃の一部の体験ですが、

  • どんな環境で?
  • どんな人と出会うか?
  • どんな言葉と出会うか?

といったことは、性格だけではなく人生にも大きく影響を与えるものなんだと、身を持って感じたひとつの大きな経験です。

ネガティブな性格を変えるための対処法

それではネガティブな性格を変える方法について、即効性のあるものや根本的に大切なこと、コツコツ続けていくこと等、今日は4つお伝えします^^!

1.変わりやすいと思うこと

まずは一番最初にコレです^^

先ほど思い込みの影響があることもお伝えしましたが、

  • ネガティブな性格はなかなか変わらない
  • 今から変えるのは難しい

と思えば思うほど変わりにくい(変えにくい)という気持ちや信念が強くなり、行動も起こしにくくなります!

そもそも何かのきっかけで今の性格が形成されたのであれば、何かがきっかけで変わるもの、新たに形成されるものです!

まずは『性格は変わりやすい』『必ず変わるもの』と思うことから始めましょう♪

いきなりそう言われて、今すぐ100%そう思えなくてもOK!少しだけでもそう思うだけで、普段の言動や行動に影響が生まれるものなんです^^

まずは気楽に気軽に、『性格は変わりやすい』、『必ず変わるもの』と思うこと、言葉にすることをやってみましょう!

2.外見を変える

これはすぐに簡単にできることですが、意外と効果があります!

  • 普段と違った髪形にしてみる
  • いつも着ないような服を着てみる
  • いつも履かないズボン(スカート)を履いてみる
  • 普段はしないものを身につけてみる
  • 女性であればメイクを変えてみる
  • いつもは選ばない色を取り入れてみる

例えばそれだけで感覚や気持ちが変わりますし、それが少しずつ捉え方や性格が変わっていく要因になっていきます♪

3.一緒にいる人を変える

私の体験談でもお伝えしましたが、どんな人と一緒にいるのか、どんな言葉をかけられるのか(自分がかけるのか)によって大きく性格は変わってきます^^♪

これはとても重要なことですが、必ずしもあなたがなりたい性格の人や前向きな人、ポジティブな人である必要はありません。

なぜかというと、そのような人といればいるほど現在の自分と比較してしまい、ますますネガティブが強くなってしまう人もいます。

反対に、自分よりネガティブが強い人と一緒にいることで、自分を客観視できたり、意外と自分はネガティブじゃないと思えることで変わっていく場合もあります!

ですので正解はありません^^

自分がどんな人と一緒にいたら、どんな影響を受けるのか、どんな風に性格が変わっていくのかを考えてみて、必要に応じて今と一緒にいる人を変えていきましょう♪

これをうまく活用できれば、その人と一緒にいるだけ(会話をしているだけ)で自然と性格は変わっていきます^^

4.行動を変える

2番目と3番目にお伝えしたことと共通もしていますが、どんなことでも小さなことでもOKですので、今までと何かを変えてみましょう!

  • いつもと違ったお店に行く
  • いつもと違ったメニューを注文する
  • 通ったことのない道を通ってみる
  • 行ったことのない場所に行く
  • やったことのないことをやってみる
  • 買ったことのないものを買ってみる
  • 食べたことのないものを食べてみる

といったように、これまでと何かを変えて行動してみてください^^

そんな小さな試み(挑戦)が性格を変えるきっかけになっていきますし、これまでと何かを変えて行動をしていると、例えば性格を変えるために行動すること、何かチャレンジしてみることへの抵抗がなくなります♪

ですので日常で小さなことからでいいので、これまでと何かを変えて行動してみましょう♪

まとめ

  • ネガティブな性格は、そう思い込んでいるだけかもしれない♪
  • 小さい頃(6歳ぐらいまで)は両親の影響を受けやすいもの
  • 責任感や真面目さがネガティブな思考や感情に結びついていることも多い
  • まずは『性格は変わりやすい』と思うことから始めよう!
  • 外見を変える、一緒にいる人を変えることで性格も変わっていく
  • 今までと行動を変えることで、変える(変わる)ことへの抵抗がなくなる

まずはここまで読んでみたり、過去を思い出したりしてみた結果、自分を責めることはしないでくださいね♪

あなたが今、難しい、無理だと思っていても大丈夫ですので安心してください。

必ず性格は変わりますし、あなたの人生もどんどん変わっていくものです^^

まずはご紹介したように、すぐにできることから始めてみてくださいね♪

もしも、まだ行動できない、どうしたらいいかわからないという方は遠慮なく下記からご相談にきてくださいね!

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*