ネガティブな口癖の影響力とは?簡単に改善するための2つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出す方法(脱却)をお伝えする石黒です^^

いきなりですが、あなたの口癖は何ですか?

そう聞かれてすぐに答えられる方もいれば、「なかなか出てこない。」、「そう言われてみると自分ではよくわからない。」という方もいらっしゃるかもしれません。

ネガティブやマイナス思考であることと口癖(言葉)は密接な関係にあります!

何気ないように思うかもしれませんが、口癖は感情や思考に良くも悪くも大きな影響を与えてしまうものです!

今日はネガティブな口癖の影響力についてと、ネガティブな癖を改善する対処法をお伝えします♪

要注意!(ネガティブな言葉一覧)

まず初めに、ネガティブな言葉をいくつかご紹介します!

  • 辛い
  • 苦しい
  • 難しい
  • できない
  • もう〇〇しかない
  • どうせ・・・
  • いや・・・
  • だって・・・
  • でも・・・
  • 無理
  • ダメ
  • 疲れた
  • 許せない
  • ついてない
  • 面倒くさい
  • つまらない
  • わからない
  • 〇〇したくない

これらの言葉を見て、どんな印象を持ちましたか?

また、あなたは普段このような言葉を使っていませんか?

すべての言葉が悪い、良くないということではないのですが、先ほどの言葉を使うことでネガティブになりやすく、前向きな気持ちにはなりにくいものです!

口癖(言葉)の影響力とは?

  • 『マイナス思考だと言葉がマイナスになる』
  • 『ネガティブな気持ちだと言葉がネガティブになる』

確かにそのとおりなんですが、反対にマイナスな言葉やネガティブな言葉を使うからこそマイナス思考になる、ネガティブな感情になると言えることも確かなことです!

その結果と、行動も変われば人との関わり方も変わっていくし、あなた自身の人生や将来さえも変わってしまいます!

それほど口癖は大きな影響を受けるものです!

あなたが何気なく発した言葉、毎日使っている言葉、口癖になっている言葉を一番聞いているのは他でもないあなた自身。

『言霊』という言葉があるように、あなたが頭に浮かんだり心で思ったりした言葉を発した瞬間に、魂(力)が宿るというのは決して過言ではないと私も感じています!

例えば誰かから言われた言葉やテレビ等で耳にした言葉によって、

  • ネガティブになった
  • 嫌な気持ちになった
  • 落ち込んだ
  • やる気がなくなった
  • 悲しくなった
  • 辛くなった
  • 不安になった
  • 恐怖(恐れ)を感じた
  • マイナスにばかり考えてしまった
  • 良くないことしか考えられなくなってしまった

といったような経験は過去に一度はあるのではないでしょうか?

他人やテレビの言葉で影響を受ける以上に、自分が発した言葉の方がその何倍も影響を受けてしまうものです!

だからこそ、ネガティブな口癖(言葉)を普段から言っていると、自ずとネガティブな気持ちになる、抜け出せなくなる、負の連鎖が止まらなくなるということを自分で引き起こしてしまいます!

マイナス&ネガティブ言葉のオンパレード?!

プロフィールでお伝えしていますが、私は小さい頃から20代半ばまで、ネガティブになりやすくマイナス思考がとても強い人間でした。

毎日言っていた当時の口癖は、以下の2つです!

  • 「でも・・・。」(否定)
  • 「いや・・・。」(否定)

自分に自信がなく、自分を好きになれず、また自分に厳しくすることが正しいと思っていたからこそ、自分を認めず否定していました。

そして、まわりの人が言っていることや、私にかけてくれた言葉を素直に受け入れることができなかったので、先ほどの言葉を会話の中でも頻繁に使っていました。

自分自身やまわりの人(友達・上司・同僚・部下等々)の、

  • 存在を否定
  • 行動を否定
  • プロセスを否定
  • 結果を否定
  • 言葉を否定

といった日常だったので、マイナス思考やネガティブな感情になるのは当然であり、今振り返ってもなかなか抜け出せなかった要因でもあったと思えます。

そしてそのような状態だったからこそ人間関係もうまくいかず、表面的な関係しか築けない、自分をさらけ出すことができないといったことがほとんどでした。

自分の口癖を簡単に知る方法

当時の口癖は今だからこそわかるし、また教えてくれる人がいたからこそ気づくことができた口癖がありました!

ここまで読んで自分の口癖がわかった人もいれば、まだわからない人もいると思いますし、中には気づいているようで気づいていない口癖があるかもしれません。

自分のことは自分ではわからない、気づきにくいものです!

だからこそシンプルに、まわりにいる人に率直に聞いてみましょう^^!

家族でも友達でも会社の人でもいいので、一緒にいる時間が長い人や多く会話をしている人に聞いてみることで、口癖を知ることができます^^

ネガティブな口癖を改善する対処法

最初の方でもお伝えしましたが、普段の『口癖』は思考や感情に大きく影響を与えていますし、その結果として行動が変わり、大きく言えば人生も変わってきます!

『口癖』は字の如く『癖』なので、誰でも変えることができます^^♪

ネガティブな口癖を改善するための対処法を簡単に2つご紹介します!

1.意識的にポジティブな言葉を使う

シンプルにネガティブな言葉を使うとネガティブな気持ちになりやすく、ポジティブな言葉を使えばポジティブになりやすいものです!

ですので最初は意識的にポジティブな言葉を使ってみることがおススメです♪

  • 「ありがとう♪」
  • 「嬉しい♪」
  • 「楽しい♪」
  • 「おもしろい♪」
  • 「幸せ♪」
  • 「美味しい♪」
  • 「最高♪」
  • 「素敵♪」
  • 「素晴らしい♪」

等々、人前や誰かとの会話の時に抵抗がある方は、通勤で歩いている時(まわりに聞こえないような声で♪)、一人で部屋にいる時やお風呂に入っている時等でも十分に効果があります♪

最初は意識的でOK^^!使っているうちに、だんだん自然と出てくるようになります!

【賢い脳の秘密】

例えば楽しいことが今起こっていなくても、「楽しい♪」と言葉にして発すると、脳は賢いので、『楽しいと言える要因(出来事)』を探そうとします!

この数時間、今日1日、この1週間、この1年間・・・等々、自分やまわりのことで「楽しいこと♪」を脳は探し続けるので、必ず「楽しいこと♪」が見つかります^^!

ですので、今現実に起こっているかどうかは関係なく、ポジティブな言葉を発することで思考や感情も自然と良い影響を受けやすくなります!

何度も何度も繰り返して言葉にしてみましょう^^

2.モデリング(口癖や言葉を真似する)

あなたの憧れの人は誰ですか?どんな人になりたいですか?

  • 芸能人
  • アニメや漫画のキャラクター
  • 友達
  • 職場の上司や同僚

等々、どんな人でもOKです!

あなたがこうなりたい、こんな性格になりたいという人の口癖や言葉を真似することもおススメです♪

不思議に思えるかもしれませんが、特定の人と同じ言葉を使っていると、その人の思考や性格に似ていき(近づいていき)、自然と変わっていくものです^^!

『あなたが今どうなのか(どんな口癖や性格なのか)』ということは一旦脇に置いて、まずはひとつからでいいので、口癖や言葉を真似してみましょう♪

まとめ

  • 良くも悪くも口癖(言葉)が思考や感情に影響を与えている
  • その結果、行動や人との関わり、人生や将来も変わっていく!
  • まわりの言葉以上に、自分の言葉(口癖)の方が影響力が強い!
  • 自分の口癖は、自分よりもまわりの人の方が良くわかっている
  • 改善するには最初は意識的にポジティブな言葉を使う
  • 特定の人の口癖や言葉を真似することで、思考や性格が自然と変わっていく

まずは、『自分で自分の口癖がわかっている』ということが大切です♪

わかっていればコントロールしやすくなりますし、楽に変えることやめることができます!

ネガティブな状態が続く時、抜け出せない時、口癖とは別の改善方法として下記の記事も参考にしてみてくださいね♪

一歩ずつ、一歩ずつでOKですので少しずつやってみてくださいね^^♪

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*