マイナス思考で苦しい時や元気が出ない時どうしてる?すぐに元気が出る効果的な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出し、人生を変えていく方法をお伝えする石黒です^^

マイナス思考な時、ネガティブになっている時ほど元気になれないという方が多くいらっしゃるかもしれません。

その状態が続くほど、抜け出しにくくなり、負の連鎖を引き起こしやすくなります。

過去、そのような経験はありませんか?

今日は元気になれる、気持ちを変えるために大切なことをお伝えしていきます!!

どん底だった時に元気になれた『音楽』

少し私の過去のことをお話します。

プロフィールにも書いていますが、入社4年目の頃に販売の仕事をやっている時は、とにかく毎日元気がありませんでした。

せっかくの休みの日であっても、引き継ぎ用のノートに書いたにも関わらず、「〇〇発注した?」、「あれどこまでやってる?」という店長のメールから朝がスタート・・・。

メールの返信が遅くなったりすると電話がかかってきて、何かができていない、ダメな部分があると説教なんてこともありました。

職場に行けば朝から、朝礼から、仕事中、仕事が終わった後・・・都度都度怒られることなんて日常茶飯事で、とにかくいつもネガティブになっていました。

小売店だったので、お店でお客様にいる時はとにかく空元気でいることが精いっぱいでした・・・。

石黒 = 元気がない!

というのが、まわりにとっても自分にとっても当たり前になっていました。

書き切れない程たくさんのエピソードがありますが、この頃をひとことで言うと『どん底』でした。

そんな状況でいながら、元気になれたひとつは『音楽』でした!

往復の通勤や休みの日のドライブ等、車の中で大好きなアーティストの音楽を聴いている時間はとにかく元気になれました♪

大好きな音楽を聴くことで気持ちも切り替わり、どんなに辛くて嫌なことがあっても忘れることができて、元気が出てました^^

今振り返ってみても、『音楽』に救われましたし、『音楽』の存在が当時の私の唯一の拠り所だったといっても過言ではありません。

思考や感情に影響を与える5つの要因をチェック

まずマイナス思考に陥る時、ネガティブになる時、元気が出ない時等々、そもそも見直した方がいいポイントをお伝えします。

以下の5つは、思考や感情に影響を及ぼす根本の原因となる可能性も考えられますので、それを改善することで思考や感情が簡単に変わることも十分にあります♪

普段の自分と置き換えてチェックしてみてください。

1.睡眠不足

十分な睡眠が取れていますか?

睡眠時間が長い方がいい、短いと良くないとは一概に言えません。

朝起きて疲れが抜けなかったり、日中眠くなることが多かったり、意識が散漫したりしている時は十分な睡眠が取れていません。

睡眠不足によってストレスを感じやすくなりますし、不安やイライラにもつながりやすいものです!

2.栄養不足

十分な栄養を摂れていますか?

一人暮らしで栄養が偏ったり、いつもコンビニだったり、インスタント食品だったり・・・。

栄養によって体が作らていますが、その体は心と思考に大きな関係があります!

栄養バランスが乱れていることによって思考や感情も乱れやすく、どちらかというとマイナス面に影響が出ます。

3.運動不足

体を動かしていますか?

毎日激しい運動をしなくても、ヨガやストレッチをすることも大切です。

体を動かしたりほぐしたりしないと、血液の状態も悪くなり、首、肩、背中、腰・・・等々凝りやすくなります。

体が凝るとそこが気になってしまい、集中できなくなって思考もマイナスになりやすくなり、体の状態が悪いと心の状態も悪くなるものです!

4.テレビやSNSでの情報過多

テレビやSNS等から悪い影響を受けていませんか?

テレビやSNS等情報が多く溢れていて、選ばないとたくさんの情報が入ってきます。

情報過多になることで思考や感情に良くない影響も出ますし、無意識に悪影響のある情報を取り入れている可能性も考えられます!

良くも悪くも自分でどのようにも選ぶことができるので、

  • 『何を得ているのか?』
  • 『それによって自分はどんな影響を受けているのか?』
  • 『本当に必要かどうか?』

一度考えてみること、見直してみることをおススメします!

5.机やパソコン内の乱れ

机の上や棚、パソコンのデスクトップ上やフォルダの中等乱れていませんか?

『環境の乱れ=心の乱れ』と言われています。

心が乱れていると、散らかりやすかったり整っていなかったりしますし、その状態で仕事をしたり日常を過ごしていることで、余計に心が乱れてしまうものです。

心も環境も乱れていると気持ちが不安定になりやすいので、乱れていたらすぐに整えましょう♪

自分を観察する、パターンを知る

さきほどの5つの要因をチェックしてみて、どんなことに気がつきましたか?

自分で気づいたこと、わかっていることはコントロールしやすくなり、対処ができます^^

合わせて自分の行動パターン・思考パターン・感情パターンを知ることも大切です!

例えば、

  1. いつ
  2. どこで
  3. どんな時(時間)に
  4. 何があったら
  5. 何をやったら
  6. 誰と会ったら
  7. 何を言われたら

気持ちが下がったり、思考がマイナスになったりしますか?

反対に、元気が出たり、前向きになったりしますか?

漠然としているようで、必ずパターンがあります!

パターンがわかれば先ほどと同じようにコントロールしやすくなり、対処ができます♪

1日を振り返ったり、ここ数日を振り返ってみることで気づくこともあるし、毎日続けていったり、度々自分の状態を観察してみると気がつきやすくなります!

元気になるための効果的な3つの方法

5つの要因と自分のパターンを変える、改善することで元気になることもできますが、

  • 誰でも!
  • いつでも!
  • 簡単にできる!

即効性のある元気が出やすくなる方法を3つご紹介します♪

1.体の状態を変える

例えば落ち込んだ時、体はどんな状態になっていますか?

肩が落ち、背中が丸くなり、姿勢が悪くなる・・・。

落ち込むと体の状態が変わるとも言えますが、体の状態が変わるから落ち込むとも言えます。

試しに普通の時に、落ち込んだ時の体の状態を再現してみるとわかりやすいです。

何があったわけでもなく、落ち込んだ時の状態に変えただけで、気持ちが下がり、落ち込みやすくなります!

それほど、体の状態と心の状態は影響し合っているのです!

ですので例えば、

  • 大きく伸びをする
  • 背筋を伸ばす
  • 肩をひらく
  • 両手を高く上にあげる
  • ガッツポーズをする

といったことだけで、心の状態は簡単に変わるし、気持ちも上がります♪

2.表情を変える

先ほどの体と同じことが表情にも言えます!

笑っていると元気が出るし、落ち込みづらくなりますよね^^

笑顔になれる、笑えることを意識的に取り入れることもいいのですが、ただ口角を上げるだけでも効果があります!

口角を上げる = 笑う = 楽しい時・面白い時・幸せな時

と結びついているので、ただ口角を上げただけでも脳が勘違いしますので、自然と元気になれます♪

3.意識を変える

嫌なことがあったり、落ち込んだりすると、そこにばかり意識が向いてしまうものです。

さらに、他の嫌な要因や落ち込む、気持ちが下がる要因をどんどん探してしまうと、スパイラルにハマって、どんどん気持ちが下がって、思考もマイナスになってしまいます!

だからこそ、意識を別のことに向けましょう!

  • 楽しいことを考える・イメージする・思い出す
  • 好きなテレビや動画を見る
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きな人と話す

といったことで簡単に意識が変わり、気持ちが切り替わって、意外と簡単に元気になれます!

外にいる時や何も使えない時でも、『考える・イメージする・思い出す』ということはどこでもできます♪

例えば、

  • これを考えると楽しくなる♪
  • これをイメージすると気分が良くなる♪
  • これを思い出すと元気になる♪

といったものを予め決めておくのもいいかもしれません^^

まとめ

  • ①思考や感情に影響を与えている日常の要因をチェックする
  • ②自分の行動・思考・感情のパターンを知る、観察することが大切
  • ①と②に気づくこと・わかることでコントロールしやすくなり、対処ができる
  • 『体・表情・意識』はいつでも簡単に誰でも変えることができる
  • 『体・表情・意識』を変えれば心の状態が変わる

ハマってしまう、抜け出せないという方も、自分を知る、パターンに気づく、変えるというだけでも、意外と簡単に元気になれるものです!

たくさんお伝えしましたがあれもこれもではなく、「いいかも!?」、「これならできる♪」といったものや、自分に合うものを一つ選んでやってみてください。

自分でコントロールできるんだということが実感できると、どんどん気持ちも思考もコントロールしやすくなります♪

まずは何かひとつ、実際にやってみてくださいね♪

大丈夫、あなたなら必ず変われます^^!

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*