マイナス思考の改善は日記が効果抜群!書くメリットと誰でも簡単に続けられるコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出す方法(脱却)をお伝えする石黒です^^

『日記』と聞くとどんな印象がありますか?

  • 面倒くさい
  • 続かない
  • 絵日記
  • 小学校
  • 夏休みの宿題

等々人によって色々あるかと思います^^

そして、小学生の時に一度は書いたことがある方がほどんどではないでしょうか?

マイナス思考やネガティブな状態を改善するために日記はかなり効果抜群!!

新年のスタートにも日記はおススメ!

今日は書くメリットと誰でも簡単に続けられるコツをお伝えしていきます♪

私の日記活用法!

最初に私のことを少しお話します^^

日記は小学校の時は書いていましたが、それからずっと書いていなかったし、そもそも書こうとも思いませんでした。

2012年、ある方と出会ったことがきっかけで『5年日記」という存在を知り、2013年の1月1日から小学生以来の日記をスタートしました!

私が活用している5年日記♪現在6年目に突入!

時に書き忘れることがあったり、短い文章だけで終わる日もあったりしましたが、おかげ様で書き続けていて、現在6年目に突入しています!

私はその日にあった出来事をただ書くというより、ネガティブとかポジティブとか関係なく、その時に感じたことをそのまま書くようにしています。

誰にも読まれないですし(笑)

毎日書き続けていますが、書くことで思考も感情も整理されます^^

1日の終わりに自分と向き合う、自分に気づくとても大切な時間♪

後々書いた内容を振り返ってみると、自分の変化や成長を実感することもでき、発見することや気づくことも多くとても大切な財産になっています♪

今更・・・なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今からでも全然遅くありませんよ^^

マイナス思考を改善する日記の書き方

日記を書くとなると、何をどのように書いたらいいかと悩んだり、そもそも書くことに抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。

書き方は自由ですが、マイナス思考やネガティブな状態を変えていくためにおススメの書き方を2つご紹介します♪

1.感じたこと(気持ち)をそのまま書く

何があったかという出来事を書くことも大切ですが、それだけではただの記録になってしまいます。

その日、その時に感じたこと、気持ちをそのまま書きましょう!

  • 〇〇があって楽しかった
  • 〇〇されて嬉しかった
  • 〇〇をやっておもしろかった
  • 〇〇なことが辛かった
  • 〇〇ばかりで苦しかった
  • 〇〇な状況が悲しかった
  • 〇〇が続いて大変だった

等々、ありのまま書き出しましょう!

2.できたこと・よかったことを書く

その日を振り返ってみて、できたこと、よかったことを書き出しましょう♪

自分がやったことでもいいし、誰かに何かをしてもらって嬉しかったことでもOKです^^

どんなに嫌な1日だったり、落ち込んだりした日であっても、探してみると必ず見つかります。

慣れないうちは見つけにくい、なかなか出てこないという方もいると思いますが、やっていくうちに見つかりやすくなります♪

ポイントとして、『どんなに小さなこと』でもOK^^

  • 部屋の掃除をした
  • 昨日の夜遅く寝たけど寝坊しなかった
  • お昼に食べたラーメンが美味しかった
  • お風呂にゆっくり入って気持ちが落ち着いた
  • 〇〇さんから褒められた

等々、仕事のことでもプライベートのことでも、テレビやSNSのことでも何でもOKです^^

書いていくことで自己肯定感が上がっていきますし、思考も前向きに変わっていきます♪

日記を書き続けるメリット

それでは日記を書き続けるメリットについてお伝えしていきます!

1.思考や感情が整ってくる(ストレス解消)

一人で考えていてグルグルしたり、悩んでモヤモヤしたりすることはありませんか?

書き出すことで、自分の思考や感情が可視化されることスッキリしますし、整理されます。

時には愚痴や人の悪口、不満を書きたい時があるかもしれませんが、それも我慢せず書きましょう!

溜め込み続けて辛くなったり、我慢したりすることでストレスになり、それが余計に思考や感情に悪影響が出たり、負のスパイラルにハマったりしてしまう要因にもなります!

ですの書くこと(吐き出すこと)によってストレス解消にもなりますし、思考や感情が乱れやすい人は整うようになっていきます♪

2.自分を知る、本当の想いに気づく

日記を書くことによって、その日1日を振り返り、自分の思考や感情と自ずと向き合うことになります。

そして、書き続けることは自分と向き合い続けること^^

  • 本当は何をやりたいのか
  • これからどうなりたいのか
  • 何を大切にしているのか
  • 何を避けたいのか
  • 何が一番嫌なのか
  • 自分の強みやいいところは何か

等々、日記を書いていくこと、過去書いたものを見ることで自分を知ることができます!

また、時には思いもよらなかった発見があり、仕事やライフスタイルを変えるきっかけになるかもしれません♪

3.パターンに気づく

数ヶ月や半年、また1年と書いていくと自分のパターンがより具体化されます!

例えば、

  • どんな時に気持ちが下がるのか
  • どんな時に気分がいいのか
  • 何があるとマイナス思考やネガティブになるのか
  • 何があると前向きになるのか

といったように、『いつ』、『誰』、『何(行動)』が思考や行動に影響を与えているのか、パターンが見えてきます!

よくわからなかったり、漠然としていたりすると対処が難しいものでも、パターンがわかることで対処法がわかったり、事前に回避したり、自分でコントロールがしやくなったりします^^

日記を書き続けていくと、過去の自分(が書いた日記)が、これからに活かせる良いヒントや気づきをくれることも多々あります^^

日記を書き続ける、書きやすくなるコツ

ここまで読んでいかがでしたでしょうか^^?

書くことや続けることが面倒くさいと感じたり、抵抗があったり、続けるのが大変そうと思ったりする方もいらっしゃると思います!

そんな方でも、書き続ける、書きやすくなるコツを3つご紹介します^^

1.完璧を手放す

最初から完璧を手放しましょう!

  • 書いている内容が整理されてなくてもOK!
  • ぐだぐだした内容の日があってもOK!
  • 短い文章でもOK!
  • ひと言でもOK!
  • 書かない日があってもOK!
  • 汚い字でもOK!

ちゃんとしよう、しっかり書こうと決めることで、苦しくなったり続けるのが嫌になったりします♪

だったら最初から手放しちゃいましょう。

書きたくない時は、『今日は何も書きたくない』、『特になし!』って書いてもいいし、疲れている時や嫌になった時は、『疲れた。』、『もうしんどい、嫌だ・・・。』って書いてもいいんです^^

それだけでも書くことって意味がありますし、後々読んでみると気づくことって必ずあります!!

2.今ある習慣の前後に書く

すでに習慣になっている前後にやることで、習慣化しやすくなり書きやすくなります♪

  • ご飯を食べた後
  • お風呂に入る前、後
  • 歯を磨く前、後
  • 夜寝る前
  • 朝起きてすぐ

等々、最初は同じタイミングでやってみると忘れることもなく、やりやすいですよ♪

3.市販の日記を活用する

毎日日付を書いたり、定規を使ってスペースを区切ったり・・・といったプロセスが地味に面倒だったり、途中で続かなくなる要因になったりします。

私は5年日記を活用していますが、本屋等の日記コーナーに行くと色々あるので自分にとって良さそうなものを買ってみることをおススメします!

私の5年日記は、写真のとおり日付も入っているし、スペースも区切られているので書くだけ^^

この『書くだけ』というのは、かなり楽です♪

まとめ

  • 考えていることや感じていることをそのまま書くことで整理される
  • 日記を書くときは、振り返ってできたこと・よかったことにも着目する
  • 日記を書くことで自分と向き合う、自分を知る時間になる
  • 蓄積された日記の内容は、後々読むと大切なヒントや気づきになる
  • 日記はちゃんと書かない♪しっかり書かない♪
  • 今ある習慣の前後にやることで続けやすくなる

書き出すこと、書き続けることは大きな効果がありますし、思考や感情が変わりやすくなります♪

毎日たった数分だけで、思考が整理されたり、気持ちも前向きになったりするし、自分でコントロールしやすくなりますので、振り回されなくなります^^!

ぜひ日記を活用してみてくださいね♪

書き出すことの活用法として、下記の記事にある『モーニングページ』もおススメです^^

大丈夫、あなたなら必ず変われます^^!

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*