ネガティブから抜け出せない時、やる気が出ない時にモチベーションを上げるコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出し、人生を変えていく方法をお伝えする石黒です^^

仕事中、ネガティブや不安になってしまいやる気が出ない時はありませんか?

ふとした瞬間にそうなる時もあれば、1日中そう感じる時があるかもしれません。

また、1週間やそれ以上ずっと続いてしまって、抜け出せない時が長く続いた経験をしたことがあるかもしれません。

長く続くことによって、モチベーションが上がりにくくなり、仕事以外の恋愛やプライペートに悪影響が出てしまうケースがあります!

そんな時にモチベーションを上げる方法はいくつもありますが、今日はモチベーションを上げるだけではなく、長期的に持続する2つの大切な要因をお伝えします!

ネガティブから抜け出せない時陥りがちなパターン

仕事でネガティブや不安がずっと続いている時、抜け出せない時に、陥りがちなパターンがあります。

自分では気づかず陥っているとしたら、その状態やパターンに気づくだけでも気持ちが楽になったり、不安が解消されたりします。

パターンはいくつもありますが、3つだけ今日はお伝えします♪

1.視野が狭くなっている

視野が狭くなってしまっていると、仕事の一部のミスや間違い、責任感からネガティブや不安を感じてしまう場合があります。

特に、

  • 入社したばかりの頃
  • 異動したばかりの頃
  • 初めて取り組むプロジェクトや案件
  • 重大な責任のある業務
  • 重要なポジションや役職に就いた頃
  • 会社の業績を大きく左右する仕事
  • かつてないほどの多くの人を動かす時
  • 自分の昇進や昇給に関わる仕事

等々、そういった時ほど、目の前のことに集中したり一生懸命に取り組んだりすることで、視野が狭くなりがちです。

目の前のことに集中する、一生懸命になることはとても大切です。

しかし、視野が狭くなったり神経質になったりすればするほど、小さなことやちょっとしたことミスが気になってしまい、それによってますますネガティブや不安になってしまう場合があります。

広い視野で見たり、考えたりすることで意外と大したことではないと気づいたり、すぐに対処や改善ができたりするようなことってあります。

しかし視野が狭くなってしまうと、それに気づかなかったり、自分の本来のパフォーマンスを発揮できなかったりすることがあります。

しかもネガティブや不安が強くなると、いつまでも小さなことに囚われてしまいがちです。

真面目な人、責任感の強い人ほどそういう傾向にあるかもしれません。

2.人からの評価や何気ない言葉に囚われている

仕事をしていれば、多くの人と関わります。

同じ職場に限らず、

  • 同じ部署
  • 他部署
  • 他社
  • 関連会社
  • 得意先
  • 仕入先
  • お客様

等々はほんの一部で、規模や業種によってはもっと多くの人や色々な方と関わるし、性格やキャリア等も多種多様です。

中には心ない言葉を言う人、嫌味を言う人、愚痴や不満を言う人もいます。

もちろん悪気がなく、あなたのためを思って言ってくれる人もいます。

人の話を聞くこと、謙虚に受け入れることは大切ですが、だれかの言葉、たったひと言がずっと気になってしまっていると、不安になったり、ネガティブな状態が続いてしまうことがあります!

そこについ囚われたり、執着したり、気にし過ぎたりしていませんか?

3.悪い妄想をしてしまっている

1と2でお伝えした内容と関連している部分もありますが、悪い妄想をあれこれ考える時はありませんか?

  • まわりの人に与えている悪影響
  • まわりの人があなたをどう思っているのか
  • 小さなミスや間違いが今後にどうつながっていくのか
  • 失敗したらどうなるのか
  • うまくいかなかった場合は・・・

といったことを色々妄想することがあるかと思います。

妄想した上で、準備する、対処する、最善策を考えるといったことをするのであればいいのですが、ただ妄想するだけ妄想して、そこにハマってしまうと、ネガティブや不安な状態から抜け出せなくなってしまいやすくなります。

悪い妄想ばかりしていませんか?

ネガティブで頑張り過ぎてチームが崩壊

3つのパターンをお伝えしましたが、いかがでしたか?

いずれも私自身、過去に陥った経験があります!

26歳の時に新規立ち上げ事業の管理部のトップに抜擢されて、とにかく不安でガムシャラになっていました。

そして、わからない、先が見えないことが多く、予想外のことや突発的なことがたくさん起こり、ひどくネガティブな状態になってしまい、先ほどの3つのパターンにハマってしまっていました。

今思えばもっと誰かに相談する、頼るということをすれば全然違っていましたが、振り返ってみると当時は視野が狭くて、ただただ目の前のことに必死でした。

気持ちが不安定なまま、その状態をどうにかしたい、逃れたい気持ちからとにかく目の前のことに一生懸命になり過ぎてしまっていました。

とにかく立ち上げた事業の管理面を整えるため必死で、部下にも高いレベルを求めて強い口調で伝えたり、厳しいことを言ったりするようになっていました。

その結果として、わずか数ヶ月で私のチームは崩壊してしまいました・・・。

モチベーションを上げる、持続させる2つの要因

さきほど3つのパターンをお伝えしましたが、そのパターンになっていることに気がつく、対処するだけでも気持ちは全然変わってきます!

そして、これからお伝えすることはモチベーションが持続して、長期的にあなたを支え続ける軸のひとつになることです!

内側から湧いてくる、とてもとても大きな原動力になります♪

1.『きっかけ』を思い出す

入社・異動・プロジェクト・案件等々、それがスタートする前、スタートした頃、

  • どうしてそれをやろう、そこに入ろうと思ったのでしょうか?
  • その頃、どんなことを考えていましたか?
  • どんな想いや決意を持っていましたか?
  • どうなりたいと思っていましたか?
  • 何を大切にしていましたか?

不安やネガティブになっている時だけではなく、時間の経過と共に忘れてしまいがちなことです!

その時の『きっかけ』を思い出してみましょう!

思い出してみる時、ひとつに決める、限定する必要はありません♪

いくつか思い出してみることで、その中にはヒントやあなたが忘れてしまっている大切なものが見つかります^^

2.目的を考える(何のために)

目の前の仕事、関わっていることって何のためにやっていますか?

  • 自分のため
  • 成長のため
  • キャリアアップのため
  • 独立のため
  • 目標達成のため
  • 夢の実現のため
  • 恩返しのため
  • 家族のため
  • お客様のため
  • 収入を得るため

答えに正解はないし、いくつあってもいいんです!

まわりと比べる必要もありません^^

大切なことは、あなたが目的を自分でわかっている、知っていることです♪

今もやっている、取り組んでいる(あきらめていない)ということは、必ず目的があるはずです!

まとめ

  • ネガティブから抜け出せない時のパターンがある
  • そのパターンを知る、気づくことでも気持ちが楽になる
  • 『きっかけ』や『目的』はモチベーションが持続する
  • 大切な軸 長期的に支えてくれるので、心が折れなくなる

きっかけと目的を思い出したり考えたりしても、すぐに出てこない場合もあるかもしれません。

すぐに出てこなくても安心してください♪

『ない』のではなく、『今は気づいていないだけ』、『今は忘れてしまっているだけ』、『まだ明確になっていないだけ』です^^!

もしも一人では考えてもわからない、見出せない時は一緒に見つけましょう^^!

詳しくはコチラ!

必ず見つかりますし、明確になるものです!

最後にお伝えした2つは、長期的に支えてくれるものになりますので、ぜひ時間をつくって考えてみてくださいね!

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*