宇野昌磨はコーチ不在でマイナス思考!抜け出すための簡単な思考術とは?

スポーツ・選手

無料E-bookプレゼントはこちら!

こんにちは!

ネガティブ改善の専門家、たくです^^

フィギアスケートで大人気の宇野昌磨選手ですが、「全ての思考がマイナスに向いている。」という発言がありました!

春からメインコーチ不在で戦っていますが、マイナス思考に陥っているのはコーチ不在も関係しているのでしょうか?

宇野昌磨選手がイナス思考に陥っている原因簡単に抜け出す思考術を、メンタルコーチの観点から分析してお伝えします!

『演技したくない』 という気持ちの宇野昌磨選手

宇野昌磨選手は、フランス(グルノーブル)で行われている『GP第3戦フランス杯』に出場しており、5季連続のGPファイナル進出を目指しています!

しかし、ショートプログラムでは4位スタートとなりました。

その後、以下のような発言をしております。

「自分が『どんな練習をすれば、もっと跳べるようになるんだろう』っていう素朴な疑問から(練習で)やるしかないと思って。ただ、やっても跳べるようにならない。『なんでできないんだろう』って思っているうちに、全ての思考がマイナスに向いている。自分が今から演技すると思えない、『演技したくない』っていう気持ちが前に出て…。いつの間にかフリップを降りていて。でも、それが自信になることはなく、後半のジャンプを、2つとも失敗してしまいました。」

出典:日刊スポーツ

マイナス思考はコーチ不在の影響か!?

今年の春から山田満知子、樋口美穂子両コーチから巣立ち、メインコーチ不在となっている宇野昌磨選手!

「全ての思考がマイナスに向いている。」と言っていましたが、コーチ不在の影響があるのでしょうか。

私が考えるに、メインコーチ不在の影響は『ある』と思っています!

世界の舞台で活躍しているとはいえ、まだまだ21歳。

ちょっとしたことや気になることがあると、メンタルや思考が左右されやすいもの!

ひとりで考えたり悩んだりしてしまうと、どうしても視野が狭くなり、同じパターンにハマったり抜け出せなくなったりしてしまいます。

有能なコーチであれば、当然メンタルや思考を切り替える術を熟知していますので、切り替えるための関わりや声かけを宇野昌磨選手に必ずしているはず!

ですので、メインコーチ不在の影響は少なからずあるでしょう。

宇野昌磨選手がマイナス思考に陥る原因

それでは、宇野昌磨選手がマイナス思考になっている理由を、先ほどの発言から紐解いてみましょう。

  • やっても跳べるようにならない
  • なんでできないだろう
  • 全ての思考がマイナスに向いている
  • 自分がいまから演技すると思えない
  • 演技したくない

始まりは、『やっても跳べるようにならない』という結果からですが、そこから自分のない部分にばかりフォーカスしていることがわかりますよね。

そして、思えない、したくないというように、思考や気持ちがマイナスに陥っています!

発言はほんの一部であり、言葉にしていない部分では、たくさん自分のない部分にフォーカスしているのではないでしょうか。

これは、マイナス思考やネガティブになる大きな原因のひとつです。

『うまくいかない』という行動や結果から、無意識のうちに自分のない部分ばかり探すようになります。

当然、『ない部分』を探せば『ない部分』ばかりががたくさん見つかります!

  • うまくいかない
  • できない
  • 自信がない
  • やりたくない

その結果、思考や感情はマイナスに陥ってしまいます。

傍から見ていると、「どうして?」と思う人もいるかもしれませんが、渦中にいると自分の思考や気持ちをコントロールできない、切り替えられないものです。

そして、抜け出せない、ハマってしまうということが起こります。

宇野昌磨選手がマイナス思考から抜け出す簡単な思考術

それhでは宇野昌磨選手が、マイナス思考から抜け出す簡単な思考術をお伝えします!

それは、自分の『ある部分』にフォーカスするだけ♪

ショートプログラムでは、4回転トーループで転倒、練習から失敗の少ないトリプルアクセル(3回転半)でも氷に体を打ち付けました。

また、練習で『やっても跳べるようにならない』とありました。

しかし宇野昌磨選手は、一度も跳んだことがないわけではなく、思っている(イメージしている)ように跳べていないだけです。

だからこそ、『ある部分』にフォーカスするだけでいいんです♪

  1. うまく跳べた時のことを思い出す(イメージする)
  2. 他にうまくいっている部分(演技)にもフォーカスする
  3. 頭であれこれ考えない
  4. 自分を信じて体に任せる

というだけで、また簡単に跳べるようになるでしょう!

先ほどもお伝えしましたが、宇野昌磨選手は一度も跳んだことがないのではありません。

過去に練習でも大会でも何度も跳んでいます!

その感覚というものは体がしっかりと覚えているので、頭でどうにかしようとすると邪魔をして跳べなくなってしまうものです!

だからこそ先ほどの4ステップで、無理なく簡単に跳べるようになります♪

まとめ

  • 宇野昌磨選手のマイナス思考はコーチ不在の影響が少なからずある
  • ない部分にばかりフォーカスするとマイナス思考やネガティブに陥る
  • ある部分にフォーカスする
  • 頭で考えず信じて体に任せれば跳べるようになる

今日は宇野昌磨選手の発言を紐解き、マイナス思考に陥っている原因と簡単に抜け出す思考術をお伝えしました!

まだまだ21歳ですのでこれからどんどん活躍していくでしょうし、オリンピックで金メダルを獲得するのも期待できますよね♪

今後の活躍が楽しみです!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

無料メール講座のご案内
無料メール講座『Change your life story』に登録で無料E-bookをプレゼント!
  • 『プロが教える!悩みや問題を解決するために誰でも簡単にできる9つのコツ』(PDF)
さらに7日間で下記の特典もお届け♪
  • 読者限定無料動画を3つ!
  • 悩みや問題の捉え方&セルフイメージが変わる魔法のワークシート!
*お名前(姓のみ) ニックネームも可!
*メールアドレス

また、LINE@では限定の動画やプレゼント企画!悩みや現状を変えるコツ!等々、不定期でメッセージをお届け中♪

登録しても、私にメッセージを送らなければ名前が通知されませんので、気軽に安心して(笑)登録してみてくださいね!

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみてください^^


ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました