マイナス思考やネガティブで感じるストレスの原因とは?解消するための4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

マイナス思考から抜け出す方法(脱却)をお伝えする石黒です^^

あなたは普段、どんな時にストレスを感じますか?

ストレスの原因は特定のことに限らず、いくつか原因がある方も多くいらっしゃるかと思います。

今日はマイナス思考やネガティブになることでつい陥りがちなストレスの原因と、その解消法をお伝えします!

陥りがちなストレスの原因

1.コントロールできないことにフォーカス

電気はボタン一つで明るさを調整でき、電子レンジはボタン一つで料理を温めることができます。

パソコンやスマホはボタン一つで必要な情報を得ることができ、ゲームはボタン一つで最初からやり直しができます。

こんな風に、社会の発展によっていとも簡単にコントロールできることが多く、思いどおりになることもありますが、世の中には、コントロールできないこと、思いどおりにならならないことってたくさんあります!

例えば、

  • 天気
  • 気温
  • 電車の遅延
  • 高速道路の渋滞
  • 相手の思考や感情

等々、自分の力や自分ひとりではどうにもできないこと、どうにかしにくいことってまだまだたくさんあります。

そんなコントロールできないことや、思いどおりにならないことにばかり意識を向けたり変えようとしたりしていませんか?

  • コントロールできないことをコントロールしようとする
  • どうにもできないことをどうにかしようとする
  • 自分の力では変えられないことを変えようとする

といったことがストレスの原因になります!

人によってはそれができないことで『できない自分』と認識して、自分を責めたりダメだししたり、自己嫌悪や自己否定となったりすることで、余計にストレスが大きくなったり、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。

こうやって読んでみると自分はそんなことがないと思えるかもしれませんが、意外と自分がその時になっていると気づきにくいものです。

2.過去への固執

過去に起こったことや失敗したこと、うまくできなかったことや嫌なこと思い出し、

  • どうしてできなかったんだろう
  • 何がダメだったんだろう
  • どうして〇〇なことになったんだろう
  • 〇〇さんさえいなければ・・・
  • 〇〇のせいで・・・
  • 〇〇が起こらなかったら・・・
  • 〇〇があったら(なかったら)とよかったのに・・・

といったように考えていませんか?

過去起こったこと、過ぎ去ったことにいつまでも固執してしまったり、原因にばかりフォーカスしてしまったりすることが、ストレスへと繋がってしまいます。

また人の思考はパターン化されているので、何度も同じことを思い出して同じ気持ちになったり、一度思い出すと別のことも連鎖して思い出してしまったりしやすいものです。

それによって、どんどんストレスが拡大してしまいます!

3.未来への不安

未来のことを考えて不安になることはありませんか?

  • 仕事
  • 人間関係
  • 恋愛や結婚
  • 家族
  • 収入(貯金)
  • 健康

といったように、自分のことやまわりの人との関係、時には世の中のことをマイナスに考えたり、ネガティブになったりすることでストレスになるものです。

特に未来のことって、不確定なことやまだ決まっていない、わからないからこそ不安になりやすいものです。

ストレスからめまいを起こした過去

私自身も過去、ひどくストレスを感じやすいものでした。

プロフィールにも書いていますが、社会人になってもマイナス思考やネガティブがまだまだ強く、仕事でうまくいかなかったことをあれこれ思い出してしまうものでした。

しかも一度思い出すことで、他の仕事でのことを思い出したり、仕事以外のことも思い出したりして嫌な気持ちになったり、落ち込んだりしていました。

さらになかなか切り替えられないもので、仕事中に思い出してイライラしてしまったり、日曜日に思い出して不安になって夜眠れなくなったりすることも度々ありました。

他にもストレスの原因はありましたが、日に日にストレスが溜まっていったことで、入社3年目にはめまいを起こして病院に通っていた時期もありました。

マイナス思考で陥るストレスの解消法

さきほど3つの原因をお伝えしましたが、『過去への固執』も『未来への不安』もコントロールできない、しづらいことと結びついています!

これらの対処法と合わせて、4つのストレス解消法をお伝えします♪

1.コントロールできることを意識

日本でもアメリカでも大活躍した松井秀喜さんのこんな言葉があります!

自分にコントロールできないことは、いっさい考えない。 考えても仕方ないことだから。 自分にできることだけに集中するだけです。

コントロールできないこともありますが、自分ができること、コントロールできることを意識する、集中するということはとても大切なことです^^

例えば車で旅行に行って渋滞にハマってしまって、車が全然進まない状況にあるとします。

そんな時にイライラしてしまう時ってあるかもしれませんが、イライラしても渋滞が緩和されたり、早く目的地着くことができたりするものではないですよね。

それなのにイライラすればするほどストレスになりますし、事故の原因にもなりかねません。

そんな時は例えば、

  • DVDやテレビを見て気分転換する
  • 回避ルートや渋滞の長さや見込み時間等の情報を調べる
  • お気に入りの音楽をたくさん聴ける(と捉える)
  • 家族や恋人と長く会話ができる(と捉える)

といったように、自分の思考や感情、捉え方はコントロールすることができます♪

ですので、コントロールできることを変えることで、ストレスを軽減させることができます!

2.手放す(やめる)

過去を思い出したり、未来に不安を感じたりするこで、落ち込んだりストレスになったりすることは、決して自分にとっていいことではないし、誰しも望んでいないことと思います。

だとしたら、このまま考えてもどんどん悪くなる、陥ると気づいた時点で手放して、別のことを考えるようにしましょう^^

意外と自分が渦中にいると気づかないままずっと考えて続けてしまうかもしれないし、最初は気づくまで時間がかかるかもしれません。

ですが、気づいたら手放す、気づいたら別のことを考えるといったことを繰り返すことによって、だんだん早く気がつけるようになります^^

そうすることで、ストレスの拡大を抑える、回避することができます♪

3.身体を整える

身体と心、身体と思考は密接な関係があるため、身体の状態が良くないことで、マイナス思考やネガティブが強くなったり、陥りやすくなったりするものです!

だからこそ身体を整える、状態を良くすることは日常からとても大切なことです^^

  • 多く睡眠時間を取る
  • ゆっくりと入浴をする
  • 栄養バランスを考えて食事をする
  • アルコールを控える(減らす)
  • マッサージを受ける
  • ヨガやストレッチをする
  • 適度な運動をする

といったようにすぐにできることから意識的に改善していきましょう!

4.出す

頭で考えているだけだとモヤモヤしたり、漠然としたりしやすいもので、『何かよくわからない』といったことは、ストレスの原因になります。

そんな時は外に出しましょう!

  • 誰かに相談する(口に出す)
  • 紙に書き出す

といったことです!

誰かに相談したり、ただ話を聞いてもらったりすることでスッキリした経験があるかと思います♪

ひとりでモヤモヤしたり不安を感じたりしていることでも、言葉にすることで整理されます!

友達や家族でもいいし、誰にも言えない、知られたくないようなことであれば専門家に相談してみることによって、グッと早く解消されます!

また紙に書き出すことで、何を考えていて何を感じているかが『可視化』されることで整理されたり、『何かよくわからない』といったことが、具体化されたりします!

書き出すことについては、下記記事の『モーニングページ』を参考にしてみてください^^

1日のスタートを変える3つの方法 ⇒ 詳しくはコチラをクリック!

まとめ

  • コントロールできないことにフォーカスすることがストレスの原因
  • それによって自己否定、自己嫌悪等の負の連鎖に陥らないように注意
  • 過去や未来の捉え方、考え方も自分次第で変えられる
  • コントロールできないことは気づいたら手放す♪
  • 身体を整える、内側にあるものを外に出すことも重要な解消法

ストレスは自分で気づいていることもあれば、気づかないうちにどんどん蓄積されてしまって、結果として身体や心を壊してしまうこともあります。

ひとりで頑張らず、無理せずに、まわりの力を借りたり頼ったりすることも大切にしてくださいね♪

また、人間関係もストレスの大きな要因のひとつですので、そちらについては下記記事を参考にしてみてください!

人間関係に強いストレスを感じた時は・・・ ⇒ 詳しくはコチラをクリック!

自分の身体や心に意識を向けて、大切にしてあげてくださいね♪

 

↓スマホの方はコチラからどうぞ↓

友だち追加

《最後まで読んでいただきありがとうございます》

他にも参考になるブログが沢山あるので覗いてみて下さいね^^


ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*